concept-demo コンセプト-デモ

大会コンセプト

トレイルラン初心者でも参加できるコースで会場は高速度道路や空港からも近く気軽に参加でき、これまで多くの有名選手を輩出した登竜門的な大会です。
コースは三原の景勝地をめぐる里山のトレイル、砂利の林道、ロードと変化の多い設定となっています。初めての方でも挑戦しやすいですが参加した選手からはきついレースとの声も多くあります。
コース内には観光農園(モモ、ブルーベリー、ブドウ、ウメなど)やキャンプ場があり、景観を楽しめます。
2021年大会は6月に開催。例年とは違った風景をお楽しみいただけます!

市長の挨拶

岡田市長

三原市長
岡田 吉弘Yoshihiro Okada

2021三原・白竜湖トレイルランレース大会が,盛大に開催されますことは大変喜ばしいことであり,市民を代表して心から歓迎申し上げます。
当初,大会開催は6月20日を予定されていましたが,新型コロナウイルス感染拡大の影響により,延期を余儀なくされました。
しかし多くの選手の熱い声を支えに,大会関係者皆様の努力により、8月29日に大会開催を迎えようとしています。
本大会は多くのボランティアスタッフに支えられているとも伺っています。参加された選手の皆様には,ボランティアをはじめ大会関係者の熱い思いを大切に,三原の豊かな自然に挑んでください。
また,新型コロナウイルス感染拡大の影響の中,工夫を凝らしながら練習を重ねてこられたと思いますが,無事完走され思い出深い大会となることを願っております。
結びに,本大会の開催にご尽力くださいました大会関係者の皆様方に感謝いたしますとともに,この大会が今後益々発展しますことを心からお祈り申し上げ,祝辞といたします。

コースディレクター

東 徹選手

東 徹選手Toru Higashi

地元、三原市大和町でマラソンを中心に競技を続けるランナー(ベスト記録 2:19’12、2009福岡国際)。2013年、トレイルラン国内最高峰と言われるハセツネに初挑戦し、大会新記録で優勝した。近年はスカイランニングに取り組み、日本代表として世界選手権(2016,2018)を経験した。トレイルランを盛り上げていくために初心者から競技者まで楽しんでもらえるコースを設定した。

Copyright © 2020 三原・白滝湖トレイルランレース All Rights Reserved.