] コンセプト|三原・白竜湖トレイルランレース

concept コンセプト

大会コンセプト

トレイルラン初心者でも参加できるコースで会場は高速度道路や空港からも近く気軽に参加でき、これまで多くの有名選手を輩出した登竜門的な大会です。
コースは三原の景勝地をめぐる里山のトレイル、砂利の林道、ロードと変化の多い設定となっています。初めての方でも挑戦しやすいですが参加した選手からはきついレースとの声も多くあります。
コース内には観光農園(モモ、ブルーベリー、ブドウ、ウメなど)やキャンプ場があり、景観を楽しめます。
暑い時期なので給水所やコース途中には水かけがあり、水をかぶると最高です。

コースディレクター

東 徹選手

東 徹選手Toru Higashi

生年月日:昭和50年9月29日

地元、三原市大和町の大和走友会に所属し、マラソンを中心に競技を続けるランナー(ベスト記録 2:19’12、2009福岡国際)。2013年、トレイルラン国内最高峰と言われるハセツネに初挑戦し、大会新記録で優勝した。広島県内では比婆山スカイライン7連勝などの成績を残す。2016年にはスカイランニング世界選手権、BEAT THE SUNに参加し、欧州のトレイルも経験した。タフで過酷なレースを得意とするだけに本大会のコースも走りごたえのあるコースを設定した。

adidas terrex

Copyright © 2019 三原・白滝湖トレイルランレース All Rights Reserved.